労務・社会保険のプロ、社会保険労務士になるには

微笑む社労士

様々な勉強法

パソコンに向かう男性

社労士の資格を取る為の勉強法は様々な種類があります。大きく分けると、独学と通学です。独学には参考書や通信教育を利用するものがあり、通学には資格の予備校や講座を利用する必要があります。

確実に司法書士試験に合格するという目標を立てましょう。その目標を達成するためには学校選びにコツが必要となります。

Read more

必要な勉強

ノートと筆記用具

資格取得を目指す為には社労士試験に合格しなければなりません。労働基準法や国民年金法など、様々な分野に渡って学習が必要です。社労士受験専門予備校などでは、順を追って分かりやすく授業を進めています。

Read more

通学の種類

座って微笑む女性

通学で社労士資格取得を目指す場合、予備校には様々なスタイルがあります。昼間だけでなく、夜間や休日に講座を行なう所や通信教育と組み合わせて月に数回のスクリーニングをする予備校などがあります。

Read more

予備校の選び方

教室に置かれた本

社労士資格は、取得するのが難しい資格として有名です。合格を目指す為には自分に合った予備校を探す必要があります。勉強を楽しく続けていく為、予備校選びで大切なポイントについて紹介します。

Read more

合格率7%の難関試験

腕組みをする男性

社会保険労務士とは、企業の管理部門において重要な社員の労務についての資格であり、労災や雇用保険、それから健康保険などの社会保障分野に特化しています。
街の中小企業から全国展開する有名な大企業まで、その会社の業種や規模を問わず必要な人事管理部門をカバーする専門資格です。
また、企業だけでなく、個人の利用も最近は多くなってきました。
毎年、改正や変更点が出てくる年金についての問題においては、高齢者からの問い合わせが多いのです。
また、障害者の方が受け取れる障害年金や、配偶者が亡くなった時に貰える年金についてなど、様々な年金の相談に応じる事が出来るのも社会保険労務士ならではの特徴です。
このように様々な問題がある中で、多くの人から頼りにされる社会保険労務士は、今後さらに活躍の場が期待できる資格なのです。

社会保険労務士は難関資格としても注目を集めています。
毎年8月に行われる試験には多くの受験生が試験を受ける為にエントリーします。
しかし、実際に合格出来るのは一握り、成績の上位者たった7%のみが合格となるのです。
それもそのはず、社会保険労務士になる為の試験は国家資格なのです。
簡単に合格する事が出来ない資格だからこそ、多くの人から信頼され、尊敬される仕事だと言えます。

社会保険労務士になる人は大学などを卒業した若い人が多いです。しかし、それよりも仕事しながら勉強して合格する社会人が多いのが現状です。
合格率約7%の難関資格であるにも関わらず、仕事をしながら受かるのには、効率の良い勉強法が関係しています。